災害時に避難所の混雑可視化に活用。千葉県佐倉市に、混雑状況をリアルイムに伝える「VACAN」を提供開始

SHARE:

 AIとIoTを活用してあらゆる空き情報を配信するスタートアップ、株式会社バカン(東京都千代田区、代表取締役:河野剛進)と千葉県佐倉市(市長:西田三十五)は2021年1月21日、災害発生時における避難所の混雑情報配信に関する協定を締結いたしました。現在対象となる市内の避難所は計39カ所で、配信はバカンが提供するリアルタイム空き情報配信プラットフォーム「VACAN」を通じて行われ、インターネット上で確認ができます。

PR TIMESで本文を見る