『ゼロコストDX(TM)』でDXの人材不足と予算不足を解消

SHARE:

~社員主導の”内製DX”を支援する、社員DX(TM)とゼロコストDX(TM)の提供を開始~

デジタル社会に必要な高度専門人材育成機関を運営するライズバイ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:ビリー大崎)は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で全国的に不足している、企業・自治体のDX(デジタルトランスフォーメーション)支援人材を、自社内で育成、社内外のDXプロジェクトへ派遣できるサービス、ゼロコストDX(TM)を本日リリースいたします。
【ゼロコストDX™とは?】
https://zerocostdx.com/

社員のDX人材化で外注コスト削減&収益化が可能

自社のDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進するために企業が従来は外注しているDX人材を、内製=社員のDX人材化に切り替える事で、初期・ランニングコストを大幅に削減することができます。更に社員をDX人材として外部に派遣する事で、新しい収益を得ることも可能となります。企業の規模に応じて外部へ派遣する人数を調整することにより、自社DXに必要なコストをネットゼロにすることが可能となります。ゼロコストDX™は、大きなコストを要すると思われがちな自社のDXにおいて、コスト抑制と人材確保の双方で解決策を提供します。

PR TIMESで本文を見る