SuicaのIDを活用した新たなビジネスモデルの創出 Suicaを活用した新たなスマートビル入退館システムの実証実験を開始

SHARE:

日時:2021年2月1日(月)から開始

JR東日本の子会社でベンチャーへの出資や協業を推進するCVCのJR東日本スタートアップ株式会社
(以下、JR東日本スタートアップ 代表取締役社長:柴田 裕)と、Akerunブランドのクラウド型IoTサービスを手がける株式会社Photosynth(以下、フォトシンス 代表取締役社長:河瀬 航大)は、2月1日(月)より、Suicaを活用した新たなスマートビル入退館システムの実証実験を開始します。

今回、SuicaのIDを活用して事前インターネット受付によるビル入退館や駅業務施設の入退館を可能にすることで新しいSuicaの活用方法を創出します。当該の取り組みは、JR東日本メカトロニクス株式会社(以下、JR東日本メカトロニクス)の協力を得て実施いたします。JR 東日本グループは、この実験を踏まえ、SuicaのIDを活用した新たなサービスを実現していきます。また、フォトシンスは、アクセス認証基盤「Akerun Access Intelligence」をスマートビル入退館システムの認証基盤として活用することで、Suicaの新たな活用方法の創出に貢献するとともに、“キーレス社会”の実現に向けた取り組みを今後も推進します。

PR TIMESで本文を見る