株式会社Re-al、東京都主催「都庁で渓流釣り体験」で小型遠隔釣りロボット「TeleAngler(テレアングラー)」を実演

SHARE:

東京都庁から奥多摩の渓流で泳ぐマスを釣る「ニューノーマル時代の観光体験」

株式会社Re-alは小型の遠隔釣りロボット「TeleAngler(テレアングラー)」を東京都主催の「都庁で渓流釣り体験」にて実演いたします。「ニューノーマル時代の観光体験」として東京都庁から奥多摩の渓流で泳ぐマスを釣る体験を提供いたします。東京都庁内で3月10日~3月16日に開催され、事前申込にて先着150名程が体験可能です。
株式会社Re-al(代表取締役:新明脩平、https://re-al.co.jp/)は、同社が手がけるリアルハプティクス技術を応用した小型遠隔釣りロボット「TeleAngler(テレアングラー)」を東京都主催の「都庁で渓流釣り体験」にて実演いたします。

PR TIMESで本文を見る