上海でサービス提供を開始!「上海コネクトリーイノベーションインキュベーションセンター」でトイレの空き情報をリアルタイムに配信

SHARE:

 株式会社バカン(本社:東京都千代田区、代表取締役:河野剛進、以下「バカン」)は、上海のConnectory Innovation Incubation Base(上海コネクトリーノベーションインキュベーションセンター)に、トイレ向け空き情報可視化IoTサービス「VACAN Throne(バカン・スローン)」の提供を開始しました。トイレのリアルタイム空き情報をトイレ内外に配信することで、混雑の抑制による利便性向上を目指します。

PR TIMESで本文を見る