貯金アプリfinbee(フィンビー)運営のネストエッグ、日本ユニシスと協業し「今知りたいコト」をユーザーに届けるCXマーケティング・プラットフォームを提供開始

SHARE:

~ ニーズに沿ったコンテンツ配信を実現し、ユーザーと広告主のwin-winな関係構築をサポート ~

貯金アプリ「finbee(フィンビー)」を開発・運営する株式会社ネストエッグ(本社:東京都千代田区、代表取締役:田村栄仁)は、日本ユニシス株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役:平岡 昭良)との協業により、「今欲しい情報」をユーザーに”適切なタイミング”で提供するCX マーケティング・プラットフォーム「Fab-Stand(ファブ-スタンド)」を構築し、2021年3月8日(月)より貯金アプリ「finbee」にて提供開始いたします。「finbee」が持つ”少し先の未来需要データ”と「Fab-Stand」での独自のデータ分析モデルを組み合わせることで、購買行動につながるコンテンツ配信を実現します。

PR TIMESで本文を見る