介護士・看護師が常駐する”専門性の高いコンタクトセンター”と最先端IoTが連携!   ~縁の下の力持ちとしてIoT見守りをサポート~

SHARE:

IoTプラットフォーマー:リンクジャパンと業務提携

 安否確認・見守り事業を手掛ける株式会社あんしんサポート(本社:福岡県福岡市、代表取締役:古賀 功一)は、既存住宅をヘルスケア付き高齢者住宅にアップデートするIoTプラットフォームサービス「eMamo(イーマモ)ホーム」を展開する株式会社リンクジャパン(本社:東京都港区、CEO:河千泰 進一)と業務提携いたしました。

 あんしんサポートが運営する介護士や看護師が24時間常駐する「専門性の高い」コンタクトセンターと、様々なIoTデバイスを組み合わせ、入居者(入所者)の健康状態の把握や居室内の異常検知などが可能な、リンクジャパン社の「eMamo(イーマモ)ホーム」が連携することで、精度の高いモニタリングと、緊急時における迅速かつ適切な対応による入居者(入所者)の満足度の向上、不動産会社や介護施設スタッフの負担軽減を目指します。

【背景】
 昨今、高齢化とIoT化が急速に進み、最先端の技術を駆使した様々な「IoT見守り」が生み出されています。心拍・脈拍・血圧などあらゆるバイタルデータを瞬時に計測できるなど、従来の見守り(安否確認)の枠を超えた高機能・高精度なデバイスも、珍しいものではなくなってきています。
その一方で、「IoT見守り」を導入する不動産会社や介護施設からは、常時、デバイス情報をモニタリングし、情報取得後に適切な対応を行うスタッフの配置が難しいと、人材不足に悩む声も多く出ています。

【eMamoホームとコンタクトセンターの連携】

PR TIMESで本文を見る