「武蔵小杉東急スクエア」で「楽天ポイントカード」が4月16日(金)から利用可能に

SHARE:

– サービス開始を記念して、「武蔵小杉東急スクエア サービス開始記念キャンペーン」を実施 –

 楽天ペイメント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:中村 晃一、以下 楽天ペイメント)と株式会社東急モールズデベロップメント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:秋山 浄司、以下 TMD)は、TMDが運営する「武蔵小杉東急スクエア(所在地:神奈川県川崎市中原区)」において、4月16日(金)から共通ポイントサービス「楽天ポイントカード」が利用可能となることをお知らせします。地域密着型商業施設「武蔵小杉東急スクエア」内の「東急フードショースライス」「東急ストア」「ユニクロ」「カルディコーヒーファーム」をはじめとする約50店舗(注1)で「楽天ポイントカード」が利用できるようになります(注2)。
 これにより利用者は、「武蔵小杉東急スクエア」の対象店舗にて、「楽天ポイントカード」もしくは「楽天ポイントカードアプリ」を提示すると、利用金額に応じて「楽天ポイント」を貯めることができ、支払い時には貯まったポイントを使用することも可能となります。

 本サービス開始を記念し、4 月16日(金)から4月30日(金)まで、「武蔵小杉東急スクエア サービス開始記念キャンペーン」を実施します。期間中に、対象店舗にて200円(税込)以上を購入し、会計時に「楽天ポイントカード」もしくは「楽天ポイントカードアプリ」を提示いただいた方に通常の2倍、「楽天ポイントカード」を提示し、さらに 「楽天ペイアプリ」でお支払いをされた方には通常の3倍の「楽天ポイント」を付与します(注3)。

PR TIMESで本文を見る