1on1プラットフォームを提供する株式会社KAKEAI、10,000回の1on1実績データから、リモートワーク下における1on1の実態を解析(2020年11月~2021年3月)

SHARE:

https://kakeai.co.jp/

株式会社KAKEAI(本社:東京都港区 代表:本田英貴)は、同社が提供する1on1やマネジメント強化・支援の「ピープルサクセスプラットフォーム|カケアイ」に蓄積した10,000回の1on1実績データから、1on1で話されている内容や、部下が上司に求める対応、1on1実施後の部下の満足度等の解析レポートを発表したことをお知らせいたします。
今後、より深い観点での解析を進め、詳細についてはオンラインセミナー等により、広く社会へ還元し、コロナ禍においてより一層重要性や難度が増す、現場の上司部下コミュニケーション改善にお役立ていただけるよう努めてまいります。
■調査概要
「ピープルサクセスプラットフォーム|カケアイ」の1on1機能のご利用によって蓄積した1on1実績データを元に、1on1で話されている内容や、部下が上司に求める対応、1on1実施後の部下の満足度等を解析したもの。
具体的には、カケアイの1on1機能に備わっている以下のデータを解析。
・部下が1on1の事前に選択する「話そうと考えている『トピック』」と「上司に『求める対応』」
・部下が1on1実施後に押下する「1on1の後の『すっきり度※』」
今回は、2020年11月1日~2021年3月31日に実施された1on1実績データのうち、10,000件を無作為抽出。

※すっきり度について
カケアイの仕組みでは、1on1実施後、部下が「すっきり」した度合いをクリックする。
誰がどう答えたかは、上司もシステムの管理者も一切わからない仕組みになっている。

PR TIMESで本文を見る