既存の空調設備に付設する大空間向け除菌システムを販売開始

SHARE:

ホールや講堂、オフィス、工場などの大空間の空気感染予防対策に

大空間向け除菌システムとして空調専用噴霧ユニット「DVAC-4000」(以下、本製品)の販売を5月より開始。
本製品は、既存の空調設備に後から容易に設置することができる除菌システムです。空調ダクトを介して極めて微細なクロラス酸水のミストを大空間に行き渡らせ、保湿させることで除菌効果を発揮。(株)空間除菌が開発した専用の噴霧ユニットによって、極めて微細なミストを生成、独自の特許技術によって一般的な加湿器の1/10~1/20にあたる0.3~0.5μmの粒子径を実現、ブラウン運動によって空気中で落下しにくく拡散するため、空間で長く滞留し、浮遊するウィルスや菌を除菌します。
2021年4月30日
既存の空調設備に付設する大空間向け除菌システムを販売開始
~ホールや講堂、オフィス、工場などでの空気感染予防対策に~

株式会社空間除菌

株式会社空間除菌(代表取締役:森久 康彦)、東洋熱工業株式会社(代表取締役社長:芝 一治)、新晃工業株式会社(代表取締役社長:末永 聡)、広沢電機工業株式会社(代表取締役社長:佐々木 晃)、株式会社NSFエンゲージメント(代表取締役社長:廣松 茂)は、大空間向け除菌システムとして空調専用噴霧ユニット「DVAC-4000」(以下、本製品)の販売を5月より開始します。本製品は、既存の空調設備に後から容易に設置することができる除菌システムです。空調ダクトを介して極めて微細なクロラス酸水のミストを大空間に行き渡らせ、保湿させることで除菌効果を発揮します。

PR TIMESで本文を見る