「Anyca」でキャンピングカーや商用バンなどが登録可能に コロナ禍による遊休資産の活用とキャンプ需要を取り込む

SHARE:

株式会社DeNA SOMPO Mobility(本社:東京都渋谷区、代表取締役:馬場 光、以下 DeNA SOMPO Mobility)と損害保険ジャパン株式会社(代表取締役社長:西澤 敬二、以下 損保ジャパン)は、DeNA SOMPO Mobilityが運営するカーシェアサービス「Anyca(エニカ)」において、新たにキャンピングカーや商用バンなどを登録できるようになりました。
これまで損保ジャパンは「Anyca(エニカ)」において、ドライバーへ自家用車(普通・小型・軽四輪)を対象に時間単位型自動車保険を提供しておりましたが、このたび、新たにキャンピングカーや商用バンまで対象を拡大した時間単位型自動車保険の提供をいたします。補償対象とするクルマの範囲が拡大したため、ドライバー・オーナーの皆さまは新たに登録可能になったクルマでも安心してご利用いただくことができます。

PR TIMESで本文を見る