【5/24開催セミナー】千葉市が実践する映像を活用した防災対策

SHARE:

災害場所や避難所の様子を遠隔から正確に確認

 クラウド録画サービスシェアNo.1(※1)の「Safie(セーフィー)」を開発・運営するセーフィー株式会社(東京都品川区:代表取締役社長 佐渡島 隆平、以下セーフィー)は、キヤノンマーケティングジャパン株式会社と連携し、5月24日(月)に「自治体によるクラウドウェアラブルカメラ活用の可能性 ~千葉市での実証実験共有ウェビナー~」を開催することをお知らせします。
 セーフィーは、これまでも茨城県稲敷郡美浦村にて、クラウドカメラを活用することで豪雨で河川が氾濫する様子をYouTubeライブで映像配信して監視し、該当地域に住む方への正確かつ迅速な避難勧告を行えるようにする(※2)など、自治体がテクノロジーの力を使ったより安全な生活を届けるための取り組みを支援してきました。

 2021年3月からは、キヤノンマーケティングジャパン株式会社、シーデーシー情報システム株式会社と連携し、千葉市において災害発生場所および避難所の状況を映像でリアルタイムに把握し、迅速な対応を実施するために、ウェアラブルクラウドカメラ「Safie Pocket2(セーフィーポケット ツー)」を活用する実証実験を行っています(※3)。

【参考】千葉市防災ポータルサイトでのご紹介
https://www.city.chiba.jp/somu/bosai/index.html#wareablecamera

 本セミナーでは、千葉市が「安全で災害に強いまちづくり」を実現するため、地震、災害、土砂崩れなどの災害に備えた日々の点検業務に、実証実験を通してどのようにクラウドウェアラブルカメラを活用検討しているのか、千葉市のご担当者様をお招きし、リアルな体験談のみならず今後の展望をパネルディスカッション形式でお届けします。
 防災のみならず、自治体におけるICT、IoTの活用のエッセンスをお伝えします。是非、ご参加ください。

(※1)テクノ・システム・リサーチ社調べ「ネットワークカメラのクラウド録画サービス市場調査」より
(※2)「河川の氾濫をYouTubeライブで映像配信して監視。 優れたコストパフォーマンスで地域住民の安全を最大化 | 茨城県稲敷郡美浦村」
https://article.safie.link/casestudy/mihomura/
(※3)「ウェアラブルクラウドカメラ「Safie Pocket2」、千葉市で実証実験開始」のプレスリリース(2021年3月2日配信)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000061.000017641.html

■ウェビナー概要
・名称 :自治体によるクラウドウェアラブルカメラ活用の可能性 ~千葉市での実証実験共有ウェビナー~
・日時 :2021年5月24日(木)13:00~14:00
・場所 :オンライン配信(Zoom)
・参加対象 :
 全国の自治体の方
 映像データを課題解決に役立てたい方
 災害時の対策として遠隔での監視や指示を行いたい方
 現場におけるDXを推進したい方
・参加費 :無料
・お申込みURL :https://info.safie.link/seminar/20210524_chiba/

PR TIMESで本文を見る