Moonshotの菅原健一氏がAppify Technologiesの社外CVOに就任

SHARE:

ノーコードでアプリを作成できる『Appify(アッピファイ)』を運営する株式会社Appify Technologies(本社:東京都港区 代表取締役:福田 涼介)は、元スマートニュースBtoBマーケティング責任者で、現在は株式会社Moonshotの代表取締役の菅原健一(すがわら けんいち)が社外CVO(Chief Value Officer:最高価値責任者)に就任したことをお知らせいたします。

菅原健一氏 コメント

「今では自前でサーバーを構築する企業はほとんどありません。AmazonのAWSやGoogleのクラウドサービスを使い、世界中の誰もが最先端の体験やテクノロジーの恩恵を受けています。ECも同様で膨大なコストをかけているにもかかわらず古い機能や古いお買い物体験のままのシステムを内製化する企業から世界のスタンダードとなったShopifyを利用する企業が増えています。

日本でも今後EC化率が増えるとともにコロナにより新しいECの形、『新しいお買い物体験』の形が求められています。まずはシステムの内製からShopifyの利用へと移り、さらにAppifyを利用することで店舗とオンラインの連携などができるようになることでお客様に新しいお買い物体験を提供できるようになります。

Appifyを使えばShopify利用企業は簡単にECサイトをアプリ化し、コストを抑えて利益を増やすことが出来ます。ECをアプリ化することでさらに今より直接的に企業とお客様がつながることができます。お客様の新しいお買い物体験を提供することでLTV(顧客生涯価値)を向上できるAppifyに魅力に感じ今回CVOとして参加することにしました。

企業がEC化やお買い物体験を向上し、お客様一人一人を大切にすることでお客様のLTV(顧客生涯価値)を上げない限り、人口減少する日本では企業の売上維持や存続は難しいと考えています。Appifyの優秀なエンジニアが最先端の体験やテクノロジーを新しいお買い物体験としてクライアント企業へ提供することで企業のDX化、新しいお買い物体験を提供する最高のパートナーになれると確信しています。

僕もCVOという最高価値責任者として、Appifyとそのクライアント企業様、パートナー企業様の価値を向上し、企業がお客様により良いお買い物体験を提供するために全力で皆様を支援していきます。」

PR TIMESで本文を見る