ゴム伝動ベルト市場-タイプ別(スチールコードゴムコンベヤ、ソリッドウーブンゴムコンベヤ、マルチプライ布コンベヤ)、アプリケーション別、地域別- 分析、シェア、トレンド、サイズ、予測2022-2030年

SHARE:

Kenneth Researchは、ゴム伝動ベルト市場の予測評価を提供する調査レポートを2021年06月 11日 に発刊しました。これは、ゴム伝動ベルト市場の成長ドライバー、市場機会、課題、脅威など、いくつかの主要な市場ダイナミクス強調しています。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10294031

ゴム伝動ベルト市場は、2022年に38.4憶米ドルの市場価値から2030年末までに46.6憶米ドルに達すると予測されます。また、予測期間中に2.8%のCAGRで拡大すると予測されます。

パワー伝動ベルトは低弾性材料で作られています。これらの素材には、革、ゴム、繊維/綿、バラタが含まれます。ゴム製の伝動ベルトがループ状に取り付けられており、2つのシャフトを機械的に接続し、スムーズな動力伝達に役立ちます。これらのベルトは、農業、工場、機械、自動車などのさまざまな用途で発電します。現在、産業革命の到来により、機械はより複雑化、高機能化しています。世界のゴム伝動ベルト業界は、主に高度な技術ベースの製品の導入によって推進されています。横浜ゴム(株)は2016年、メカニカルジョイントで耐熱性を向上させる新技術のファブリックベルトを導入しました。

世界中でゴム製の伝動ベルトの需要が高まっている主な要因は、原材料の豊富な入手可能性、チェーン ドライブのベルト ドライブへの置き換え、自動車産業からの需要の増加です。ゴム伝動ベルトの消費は、製造業からのこれらのベルトの需要の高まりにより、大幅に増加しています。さらに、ゴム製の伝動ベルトはチェーンよりも安全です。自動車産業におけるゴム伝動ベルトの高い需要も市場を牽引しています。車両に使用されるベルトには、タイミング ベルト、マルチ V ベルト、V ベルトなどがあります。自動車の動力伝達は、伝動ベルトがなければ不可能です。この要因は、予測期間中に市場の成長を大幅に牽引すると予測されます。

市場セグメンテーション洞察

PR TIMESで本文を見る