「顔パス」チェックイン、JCV SenseThunderを利用した会員管理システムを開発

SHARE:

– 大和コンピューターが開発、顔認証+温度検知でニューノーマルなチェックインを実現 –

ソフトバンク株式会社の子会社、日本コンピュータビジョン株式会社(本社:東京都千代田区、以下「JCV」)は、株式会社大和コンピューター(東京本社:東京都港区、以下「大和コンピューター」)が、JCVが提供する温度検知機能付き顔認証端末「SenseThunder」を利用し、「顔パス」チェックインができるスポーツクラブ会員管理システム(クラウドサービス)を開発したことをお知らせ致します。
大和コンピューターは、子会社の株式会社フィット・コム(本社:東京都港区)とスポーツクラブ向け会員管理システム「CLUBNET」(クラウドサービス)を展開しており、この度、コロナ禍でニューノーマルとなっている温度検知と、非接触テクノロジーとして注目がされている顔認証を連携したサービスを開発しました。
顔認証により特定された会員様の情報と共に温度検知結果をJCVが提供するSenseLink Cloud(クラウド型マネジメントツール)経由で受取り、チェックイン・チェックアウトの処理をしています。

「顔認証+温度検知チェックインシステム」はイオンリテール株式会社(本社:千葉県千葉市美浜区)が運営する 全国のイオンスポーツクラブに導入されています。
(左写真:イオンスポーツクラブ3FIT 新利府店 入り口、右写真:SenseThunder設置写真)

PR TIMESで本文を見る