SoLabo、中小企業のIT支援と経営者交流サービスを拡大

SHARE:

認定支援機関SoLaboによるWEB施策と経営者交流の場づくり

中小企業の資金調達支援を専門とする認定支援機関の株式会社SoLabo(本社・東京都千代田区 代表・田原広一/以下、ソラボ/認定支援機関番号:104813004612)は、コロナ禍での起業家支援としてIT活用支援を軸に企業・経営者の交流を促進し、今後の経営者支援のサービスを拡大させることを明らかにした。

■中小企業におけるホームページ活用の実態は
ソラボは資金調達支援を専門とする認定支援機関だが、融資支援サービス利用者へのアンケート(2020年10月~2021年6月まで、計235件)によると、融資支援に加えて、「追加の資金調達」「集客」「業者/専門家紹介」など含めた相談ニーズが全体の8割程度を占めていることがわかり、コロナ禍で中小・個人事業規模の経営者は「相談先」を求めている様子が顕著に伺える状況となっている。

融資支援だけでなく、WEBマーケティングの分野にも強みを持つソラボに相談が増加しており、昨今課題とされることが多い「IT活用」に注目してみると、総務省の「令和元年度 通信利用動向調査報告書」によれば、企業における「ホームページ」の開設率は、近年の推移では中小企業の内、100人~299人規模の従業員数の企業で、87.2%(平成29年)、90.4%(平成30年)、87.2%(令和元年)となっており、現代社会において自社ホームページの開設は多くの業界で必要不可欠という認識になっている様子が伺える。
前述の調査の対象に含まれていない多くの中小零細企業(従業員数1名~99名)においても、特に対企業向けのBtoB業種においては信用力を担保するという意味でもホームページは必要とされるケースが一般的となっており、ソラボにホームページ制作の依頼をするクライアントも増加している。

しかしその一方で、従業員の少ない小規模な事業者においては「ホームページは作ったがその後どうすればよいか」あるいは「昔作ったままメンテしておらず放置している」というケースや、中には「頑張って改修しているのに集客は増えていない」というケースも多く、コロナ禍でオンラインでの集客スキルが重要性を増す中で、IT活用に課題を感じる経営者が多い様子が伺える。
上述の調査報告書にある高水準の推移についても、2000年代中盤から自社ホームページ開設率は高く推移しているものであり近年突出したということではなく、実際の問い合わせ動向も踏まえてみると、ソラボでは、中小零細企業においては今話題のDXどころかむしろ自社ホームページの陳腐化現象も広まっている状況であると見ている。

PR TIMESで本文を見る