アンチロックブレーキシステム(ABS)市場ーサブシステム別(ECU、センサー、油圧ユニット)車両別(二輪車、乗用車、商用車)、地域別ー世界のシナリオ、市場規模、見通し、傾向と予測2022ー2030年

SHARE:

Kenneth Researchは調査レポート;「アンチロックブレーキシステム(ABS)市場:世界的な需要の分析及び機会展望2030年」2021年06月 29日 に発刊しました 。レポートは、企業概要 、製品種類、販売量 、市場規模 、メーカ概要 、市場シェア 、などが含まれています。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10325543

調査レポートには、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれています。

アンチロックブレーキシステム(ABS)市場は、2030年末までに723憶米ドルに達すると予測されます。また、予測期間中に8.1%のCAGRで拡大すると予測されます。

アンチロックブレーキシステムは、人が車両を滑らせたり横滑りさせたりするのを防ぎ、急ブレーキをかけた後もステアリング制御を維持します。ABSは主に、濡れた路面や滑りやすい路面などの緊急事態において、安全なブレーキングと簡単なステアリングのために車両を支援するために使用されます。さまざまな運輸当局によって実施された厳格な安全法および規制、自動車の安全機能に関する消費者の意識の高まりは、世界的な市場の成長を後押ししています。

2009年から2019年の間に、自動車生産の著しい成長が観察されました。OICA(国際自動車メーカー協会)によると、自動車と商用車の両方を含む自動車生産は、2009年の61,762,324から2019年の91,786,861に増加しました。2019年にドイツ、日本、米国は、最高の自動車輸出国でした。さらに、世界中のスマートシティや自動車の接続性などの技術の進歩の進展、人口の増加と人々の収入の増加は、アンチロックブレーキシステム(ABS)市場の成長に貢献している主要な要因です。

欧州連合議会は、2016年までに125ccを超えるエンジンを搭載した二輪車でのABSの使用を義務付けています。これにより、この地域ではアンチロックブレーキシステムの需要が急増しています。世界のアンチロックブレーキシステム市場の主要な推進力のいくつかは、車両の安全機能に対する需要の増加です。さらに、自動車産業の技術進歩も市場の成長を補完しています。しかし、アンチロックブレーキシステムの高いメンテナンスコストは、今後数年間で市場の成長を妨げる可能性があります。

市場セグメンテーション概要

PR TIMESで本文を見る