不動産業のデジタル化を進めている不動産システムViila(ビーラ)に新エリアと「Viila 物件インサイト」の新機能リリース

SHARE:

不動産業のDX化を目指しているViilaはエリア拡大と新機能のリリースを発表しました。

今後は全国に拡大する予定で軽井沢の次に御代田、白馬、東京が対象エリアとして追加されました。また、今回のリリースで「Viila 物件インサイト」というコメント機能が追加され、ユーザーは物件を見学した後コメントや写真を物件ページに投稿することができるようになりました。
新エリアの追加
物件探しサイトViilaでは今まで軽井沢エリア限定で物件を提供していましたが、今回のリリースでは最近移住者に人気で軽井沢の隣にある「御代田町」、スキーやスノーボードを楽しめる「白馬村」、そして東京もエリアとして追加されました。熱海エリアの追加も準備しており、7月には海のリゾート物件が公開される予定です。

それぞれのエリアの物件検索はこちらから:
軽井沢の物件検索:https://viila.co/karuizawa
御代田の物件検索:https://viila.co/miyota
白馬の物件検索:https://viila.co/hakuba
東京の物件検索:https://viila.co/tokyo

PR TIMESで本文を見る