科学的介護LIFE難民は誰一人出さない! ~LIFE帳票作成ワークシート~

SHARE:

無償提供しているLIFEワークシートからあらゆる帳票を出力できる「LIFE帳票作成ワークシート」を開発し、リハビリデイサービス プラスワン様に導入しました

科学的介護LIFEの構想には、通所介護計画書や個別機能訓練計画書といった計画書の出力が盛り込まれていましたが、LIFEシステムには見やすい計画書の出力機能は提供されておらず、現場の事業者はLIFEと計画書と二重に入力しなければいけません。
LIFEデータを簡単に編集できる「LIFEワークシート」を無償で提供してきた国立大学法人九州工業大学発ベンチャーAUTOCAREは、LIFEワークシートに入力すれば、計画書のような帳票を自動的に作成できる「LIFE帳票作成ワークシート」を開発し、山口県のリハビリデイサービス プラスワン様に提供しました。
プラスワン様の感想とともに、「LIFE帳票作成ワークシート」の機能をご紹介します。
●背景
厚生労働省の政策により、今年度の介護報酬の多くの加算科目に、「科学的介護情報システム(LIFE)」の活用が要件として含まれました。
LIFE(Long-term care Information system For Evidence)とは、これまで高齢者の状態やケアのデータ収集システム(CHASE)と、通所・訪問リハビリテーションデータ収集システム(VISIT)を一体運用をするものです。

厚生労働省185回社会保障審議会の資料によれば、VISIT/CHASEの統合後のLIFEのイメージとして、LIFEに入力したデータを計画書にそのまま印刷できるような図が書かれています。

PR TIMESで本文を見る