スポーツギフティングサービス「Unilm(アンリム)」スポーツに関する意識調査を実施“

SHARE:

スポーツやアスリートは社会に必要ですか?”

個人が財団を通してアスリートやチームを金銭的にサポートすることを可能にするスポーツギフティングサービス「Unlim(アンリム)」を運営する一般財団法人アスリートフラッグ財団は、この度、全国の19歳から79歳までの男女800人を対象に、スポーツの観戦意向や、スポーツやアスリートは社会に必要だと思うか、など広くスポーツに関する意識調査を実施しました。
新型コロナウイルス禍において、多くのアスリートが不安を抱えながら活動を続けています。多くの大会がなくなり、収入も安定しない中、それでもパフォーマンスを落とさないように努力を続けるアスリートの皆様と日々向かい合う中で、少しでも彼らのモチベーションにつながる情報を提供できないかと思い、今回の調査を実施しました。アスリートの皆様に提供する情報として調査したものですが、現在の社会状況を反映するデータともなっていると感じ、公開させていただく運びとなりました。是非記事化のご参考にいただければ幸いです。

<調査概要>
調査目的:「スポーツ」や「アスリート」に対する意識を確認し、コロナ禍における「スポーツ」の在り方や価値について再確認を行う。
調査エリア:全国
調査対象者:15~79歳の男女
サンプル数・割付:800サンプル(人口構成比に応じた性×年代による割付
 ※人口構成比は「平成27年度国勢調査データ」を参照
調査企画:一般財団法人アスリートフラッグ財団
調査期間:2021年6月11日(金)~2021年6月13日(日)
調査手法:クロス・マーケティングモニターへのインターネット定量調査
調査機関:株式会社クロス・マーケティング

<調査結果トピック>
トピック1. スポーツやアスリートが社会に必要だと思う人の割合は思わない人の6倍以上
スポーツは社会に必要だと思うか、という質問に対し、「どちらとも言えない」と明確な回答を控えた方を除く全体(608人)の86.1%が「必要だと思う」「やや必要だと思う」と答えました。これは、「必要だと思わない」、「あまり必要だと思わない」と答えた方の6.1倍に上り、多くの方が社会に必要な存在であると考えていることがわかりました。(図表-1 より)
また、同様にアスリートは社会に必要だと思うか、という質問に対しては、「どちらとも言えない」と明確な回答を控えた方を除くと全体(572人)の86.8%が「必要だと思う」「やや必要だと思う」と答えました。これは「必要だと思わない」、「あまり必要だと思わない」と答えた方の6.5倍にも上り、新型コロナウイルスにも関わらず、アスリートの存在の重要性を示しました。(図表-2 より)

PR TIMESで本文を見る