油圧プレス機市場-グローバルシナリオ、市場規模、見通し、傾向と予測、2022-2030年

SHARE:

Kenneth Researchは調査レポート「油圧プレス機市場:世界的な需要の分析及び機会展望2030年」を2021年07月 07日に発刊しました。これは、予測期間中に、市場の詳細な分析とともに、業界の詳細な洞察を提供します。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10325306

レポートは、市場規模と決定に基づいてさまざまなパラメーターについて説明します。これらには、市場価値、年間成長、セグメント、成長ドライバーと課題、および市場における主要企業などが含まれます。

油圧プレス機市場は、2030年末までに183.2憶米ドルに達すると予測されます。また、予測期間中に6.2%のCAGRで拡大すると予測されます。

油圧プレス機は、人件費の削減、高い生産性、製造における適応性などの利点を提供します。これにより、世界の油圧プレス機市場に前向きな見通しが生まれる可能性があります。油圧プレス機は、自動車、食品・飲料、電子機器、セラミックなど、多くの産業で使用されています。これらは、平坦化、組み立て、製造、修理、品質管理、製品テスト、パンチング、曲げ、およびトリミングに最適です。

油圧プレス機は、スタンピング、ブランキング、コイニング、エンボス加工用の金属鍛造品の製造に広く利用されています。 従来の機械式プレス機に比べて操作上の利点により、市場は今後数年間で高い成長を記録すると予想されます。世界の油圧プレス機市場を牽引する主な要因は、加工金属に対する需要の高まり、製造部門での自動化の進展、および従来の機械式プレス機と比較した油圧式プレス機の運用上の利点です。

しかし、油圧プレス機の代替として3D印刷の開発は、市場の成長を妨げる可能性があります。さらに、油圧プレス機用のユーザーフレンドリーなインターフェースの出現は、予測期間中に多くの成長の機会を提供すると予測されます。

市場セグメンテーション洞察

PR TIMESで本文を見る