AIQVE ONE、xRコンテンツにおけるテスト体制の構築サービス「XRQA」の提供を開始株式会社Psychic VR Labが提供する「STYLY」のテスト体制構築に導入決定

SHARE:

~“VRエヴァンジェリスト”GOROman氏による推薦コメントも掲載~

「品質管理に、革命を。」を理念に、「人」と「AI」の最適なコラボレーションによるテストサービスを提供しているAIQVE ONE(アイキューブワン)株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:山崎太郎、以下 当社)は、xR(※1)コンテンツにおけるテスト体制の構築サービス「XRQA」の提供を開始致しました。同時に株式会社Psychic VR Lab(本社:東京都新宿区、代表取締役社:山口征浩)が提供するxRクリエイティブプラットフォーム、「STYLY」の品質管理体制構築に本サービスの導入が決定したことをお知らせいたします。独自のxRプラットフォーム「xR CLOUD」を開発した技術力と、数多くのxR事業に従事してきた実績を持つmonoAI technology株式会社から生まれた当社は、xRに関する全方位的な知見とソフトウェアテストの知見を兼ね揃えた稀有な存在として、お客様に寄り添って参ります。

※1xR:VR(仮想現実)、MR(複合現実)、AR(拡張現実)など、ユーザーの視界全域に映像や音像を提示する技術の総称。
■サービス概要
xR市場はtoC向けのコンテンツの盛り上がりを経て、昨今ではtoB系の事例も増えてまいりました。xR開発の現場においては、急激な案件数の増加により、品質管理体制の構築の重要度が高まってきました。xRコンテンツは、ユーザーの全方位を仮想空間で取り囲む特性があるため、直視したディスプレイ上にコンテンツを表示する、これまでのコンテンツ体験とは大幅に異なっております。それゆえに、その品質管理には、xRコンテンツに的確に対応した品質管理手法が重要となってきました。
しかしながら、xRコンテンツの開発現場においては、開発者チーム自身でテスト作業に従事する時間を確保することが困難となっています。こうした状況下では、xRコンテンツ開発そのものにかける時間が減ってしまい、結果として品質が落ちていく可能性があります。

PR TIMESで本文を見る