【東大発AIベンチャー】ラベルの自動認識AIアルゴリズムを提供開始

SHARE:

~工場における作業コストの軽減・ヒューマンエラーの防止に貢献~

SMITH & FACTORY株式会社(本社:東京都文京区、代表:大澤 琢真、以下「SMITH & FACTRY」)は、ラベルの自動認識AIアルゴリズムを提供開始した。本技術は、カメラでアイテムを撮影することによって、荷姿、ラベルの位置・種類にとらわれることなく、ラベル内の情報を自動で読みとる。ラベルを取り扱うあらゆる工場において、労働力不足の解消・作業コストの軽減・ヒューマンエラーの防止に貢献する。

ラベルの自動認識AIアルゴリズム 概要

PR TIMESで本文を見る