AIOps市場-コンポーネント別(サービス、ソフトウェア、その他);展開タイプ別(オンプレミスおよびクラウドベース);アプリケーション別;業種別-グローバル需要分析と機会の見通し2030年

SHARE:

Research Nester Private Limitedは調査レポート「AIOps市場:世界的な需要の分析及び機会展望2030年」2021年09月 14日 に発刊しました。これは、詳細な市場の業界需要分析と市場の成長に影響を与えるさまざまな要因を提供します。レポートは、予測期間、市場価値、市場ボリューム、成長率、セグメント、市場プレーヤー、成長ドライバーを含む市場の成長を提供します。調査方法には、市場の評価と予測データの計算に基づく履歴データと現在のデータの収集が含まれます。このレポートのデータ収集には、一次調査と二次調査の両方が含まれます。
レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-3309

世界のAIOps市場は、(2022~ 2030年)の予測期間中に約30%のCAGRで成長することにより、注目に値する収益を獲得すると推定されています。市場の成長は、さまざまなエンドユーザー産業への人工知能の浸透の増加、世界中で常に在宅勤務が行われているため、クラウドと仮想インフラストラクチャへの依存度の高まりに起因する可能性があります。AIOpsには、データ出力、集約、分析、自動化、ML、視覚化などのさまざまなサービスが含まれ、柔軟で一元化された多層プラットフォームを提供します。

ITセクターにおけるDevOpsの代わりにAIOpsの受け入れの増加は、市場の主要な成長ドライバーであると推定されています。また、誤検知の削減やアラート相関の構築など、人間の知能に対する人工知能のさまざまな利点により、世界中でAIOpsプラットフォームの需要が高まっています。さらに、大量のデータを処理するためにAIOpsプラットフォームによって提供される精度と速度は、市場の成長を後押しすると推定されるもう1つの要因です。

今後数年間で、10社中9社以上が人工知能に投資すると予想されています。実装後の企業が目撃した生産性の向上により、人工知能の分野での組織の投資の増加は、今後数年間でAIOps市場の成長を促進するとさらに予想されます。さらに、COVID-19が仕事のパターンに与える影響、および在宅勤務の採用の増加は、市場の成長にプラスの影響を与えると推定されています。

PR TIMESで本文を見る