葬儀・終活相談サイト『やさしいお葬式』、コロナご葬儀の相談件数が前月比で5倍増加につき、全国葬儀社との提携拡大を強化

SHARE:

日本全国どこでもコロナのご葬儀が出来るようネットワークを拡大中

葬儀DXを進めるライフエンディングテクノロジーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:白石和也、以下「当社」)が運営する葬儀・終活相談サイト『やさしいお葬式』では、新型コロナウィルス(以下「新型コロナ」)により亡くなられた方のご葬儀プランを確立し、提供しております。
新型コロナのご葬儀に関するご相談件数が、2021年8月実績で前月7月の約5倍に増加し、9月についてはそれを上回るペースとなり、9月10日時点で、8月実績の約7割の件数に達しております。
『やさしいお葬式』相談窓口では、各地域の事情に合わせたご葬儀方法を的確にご案内するとともに、新型コロナで亡くなられた方向けの4つのご葬儀プランを提供しておりますが、ご相談増加に伴い、さらに全国の葬儀社様との連携拡大を強化してまいります。
7月中旬に東京都に緊急事態宣言が発令されてから、一日の新型コロナ感染者数は増加していき、8月末に21都道府県に宣言拡大されるまでにはピークを迎えたとされています。
感染者数の推移と当社窓口への相談件数は比例しており、9月以降は一時落ち着きを見せると予想されるものの、19都道府県に出されている緊急事態宣言は延長され、現状では未だ予断を許さない状況にあります。

当社の葬儀・終活相談サイト『やさしいお葬式』相談窓口では、新型コロナのご葬儀についてのご相談が増加し、8月は前月(7月)比で約5倍増加し、9月は10日時点ですでに8月の約7割の件数に達しております。

全体の8割を占める事前相談や、ご葬儀対応を速やかに行うため、2021年6月に佐賀県嬉野市にカスタマーセンター(温泉ワーケーションLabo嬉野)を開設し、葬儀・終活相談窓口ならびに新型コロナのご葬儀についての相談室を稼働させると同時に、現在27都道府県で進めている新型コロナのご葬儀の提携を全国47都道府県に拡大するため連携強化を図っております。

新型コロナで亡くなられた方のご葬儀では感染防止の観点から、法律上、現在でも故人との最後の面会も厳格な取り扱いとされており、事実上、ご葬儀が難しい場合も少なくありません。
ご遺体搬送や火葬対応を的確に対応できる葬儀社が少なく、喪主・病院が依頼する葬儀社が見つからないといった事態も発生しております。

さらに、著名人が亡くなられた際に大きな問題として取り上げられたように、大切な方との最後のお別れができないことが、ご遺族のお心に大きな悲しみや後悔の念を残すことも多くみられます。グリーフケアの観点からも、故人との最後のお別れは、極めて重要な場とされています。

当社は、こうした問題を解決するため、第一次緊急事態宣言以前より検討を始めて確立した、新型コロナ葬儀対応「直葬(火葬)プラン」と「お別れ会(後葬)プラン」を設けております。
続けて「最後の面会プラン」と「エンバーミングプラン」といったオプションプランを設け、厚生労働省により推奨されている感染拡大防止措置を最大限確保した上で新型コロナにより亡くなられた方のご葬儀に対応しております。

▼各種プラン概要

直葬プラン(火葬)

イメージ

PR TIMESで本文を見る