レイ・イージス・ジャパンのセキュリティ診断サービスが「情報セキュリティサービス基準適合サービスリスト」に登録されました

SHARE:

株式会社レイ・イージス・ジャパン(本社:東京都新宿区、 代表取締役 青木 登、 以下「レイ・イージス・ジャパン」)は、レイ・イージス・ジャパンが提供している各種セキュリティ診断サービスが、経済産業省が策定した「情報セキュリティサービス基準」に適合するサービスとして、特定非営利活動法人日本セキュリティ監査協会(JASA)が審査登録を行う「情報セキュリティサービス基準適合サービスリスト」に脆弱性診断サービスとして登録されたことを発表しました。

「情報セキュリティサービス基準適合サービスリスト」は一定の技術ならびに品質管理の要件を満たし、かつ品質の維持・向上に努めているサービスであることを厳しい審査項目を突破して掲載されるもののため、セキュリティに関する専門的な知識を持たないお客様が、安心して情報セキュリティサービスを選定する際に活用いただけます。

登録サービス種別:脆弱性診断サービス
登録番号:021-0012-20
登録サービス:

AIクイック・ツール診断
AIリモート脆弱性診断
ペネトレーションテスト
モバイルアプリ診断
プラットフォーム診断

PR TIMESで本文を見る