東京都内6つの医療機関でも導入開始。「ワクチン接種キャンセル枠お知らせサービス」ソーシャルデータバンクがシステム提供と構築支援

SHARE:

~ LINEで事前に友だち追加、希望する地域などを登録すると、当日のキャンセル枠通知が届き、接種予約が可能に ~

ソーシャルデータバンク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:伊藤 俊輝)はIRISデータラボ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:安達 教顕)と共同で、ヤフー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 CEO:川邊 健太郎)が提供し、9月2日(木)より東京都内6つの医療機関で導入が開始された、「ワクチン接種キャンセル枠お知らせサービス」(以下、本サービス※1)のシステム提供と構築支援を行ったことをお知らせします。
現在、ワクチン接種を希望していても予約ができない人がいるにもかかわらず、直前の接種キャンセルなどによるワクチン廃棄が課題となっています。厚生労働省によると、新型コロナウイルス感染症に係る予防接種における職域接種のワクチン廃棄は、7月末時点で全国48会場において総廃棄数量8,090回分であると発表されました※2。

このような背景から、本サービスは、当日キャンセルされたワクチンの有効活用を目的に7月20日(火)より提供を開始し、これまでに港区乃木坂会場、仙台会場、札幌会場※3で先行導入され、廃棄されるはずだったワクチンの有効活用を実現しました。
そしてこの度、港区虎ノ門、港区六本木、港区赤坂、渋谷区東、新宿区西新宿、台東区上野にある6つの医療機関でも、本サービスの導入が開始され、合計9会場での対応が可能になりました。

ソーシャルデータバンクは、神奈川県のキャンセル枠有効活用システムに採用されたキャンセル枠システムパッケージを活用し、本サービスのシステム構築支援を行いました。

引き続き、やむを得ず当日キャンセルされたワクチンを、ワクチン接種を希望している方々に活用いただくべく、本サービスの提供会場を順次拡大していくと同時に、ソーシャルデータバンクは、新型コロナワクチンに関する情報を正しく、わかりやすく、迅速にお知らせし、社会課題と向き合い、解決していくために、ユーザーの利便性向上に努めていきます。

※1 本サービスを利用する際には事前にLINE公式アカウント「ワクチン接種キャンセル枠お知らせサービス」の友だち登録が必要です。
本サービスでは、ユーザーの皆様の許可に基づき、LINEの内部ユーザー識別子を取得させていただいた後、接種希望地域、誕生日(生月日)のみを登録しご利用いただきます。氏名や住所などの情報は取得いたしません。
本サービスで取り扱うワクチン接種枠は当日キャンセル分となるため数に限りがあります。
本サービスの対象年齢は18歳以上です。
本サービス利用にあたって、事前に利用条件、注意事項をご確認ください。
https://vaccination-notice.yahoo.co.jp/
※2 https://www.mhlw.go.jp/content/000817415.pdf
※3 ソフトバンクグループ 札幌会場(ANAクラウンプラザホテル札幌)
ソフトバンクグループ 仙台会場(ホテルメルパルク仙台)
ソフトバンクグループ WeWork乃木坂会場

接種までの流れ

PR TIMESで本文を見る