自治体・企業のEV導入サポートとEV蓄電池を活用した電力調整を行うEnergy TechのREXEVがシリーズBで6.3億円を調達

SHARE:

株式会社REXEV(レクシヴ:本社 東京都千代田区 代表取締役社長:渡部健)は、ジャフコ グループ株式会社、芙蓉総合リース株式会社、住友三井オートサービス株式会社、三菱UFJキャピタル株式会社、北陸電力ビジネス・インベストメント合同会社(北陸電力株式会社)などを引受先として総額約6.3億円の第三者割当増資を実施しました。レクシヴは、カーボン・ニュートラル社会の実現を目指し、再生可能エネルギーと電気自動車を掛け合わせるEnergy Techの先駆者として、電気自動車の普及促進と電気自動車の車載バッテリーを活用した新たなエネルギー・マネジメントを推し進めます。
資金調達の背景・目的
世界的な脱炭素潮流の中、EVの普及拡大が見込まれています。当社は急拡大するEV市場において今後懸念される電力関連の課題にもフォーカスし、EVの利便性向上や有効な活用方法をご提案し、EVの導入拡大と再生可能エネルギーの普及拡大にも貢献してまいります。
シリーズBで調達した資金を元に、以下の技術開発とサービス開発を計画しています。

自治体や企業のEV転換を支援するソリューションサービスの開発

EV充電を支える電気設備や電力契約の最適化支援サービスの強化
EV大規模導入時における充電制御の高度化
EV導入効果が見えるプラットフォームの開発
EVユーザーの利便性を高める運用管理と充放電管理の高度化

再生可能エネルギーの大量導入を支える、EVエネルギー・マネジメント技術の強化

多数のEVの同時制御による大規模調整力技術の開発
EV蓄電池の周波数制御への利用を可能とする技術の開発
電力のダイナミックプライシングへ対応する技術の開発
EVを用いたVPP(Virtual Power plant)技術の強化

様々な移動ニーズに対応するEVの多様化への対応

軽自動車、貨物、小型モビリティなど多様な用途のEVのエネルギー・マネジメントを可能とする技術開発

EVを活用した地域レジリエンス強化

平時のEV活用との組み合わせによる投資負担軽減
非常時にEVを蓄電池や移動電源として活用するユースケースの拡大

なお今回の第三者割当増資に応じていただいた各社とは、上記の実現に向けて技術面・営業面でも協力していきます。

■会社概要

PR TIMESで本文を見る