総額約7000万円 NEDO STS事業に建機自動運転スタートアップのARAVが採択。「油圧ショベルの教示再生システムの開発」を開始。

SHARE:

NEDO STS事業 2021年度「研究開発型スタートアップ支援事業/シード期の研究開発型スタートアップに対する事業化支援」第2回公募の採択が発表。

建設現場のDX・自動化を目指す東京大学発スタートアップのARAV株式会社(本社:東京都文京区本郷)は、NEDO STS事業 2021年度「研究開発型スタートアップ支援事業/シード期の研究開発型スタートアップに対する事業化支援」第2回公募に採択されました。
■2021年度「研究開発型スタートアップ支援事業/シード期の研究開発型スタートアップに対する事業化支援」
第2回公募に係る実施体制の決定について | NEDO
https://www.nedo.go.jp/koubo/CA3_100309.html

認定VC:東京大学協創プラットフォーム開発株式会社
事業期間:交付決定日から1.5年以内 (2021/10 ~ 2023/3)
助成額:STSコース 7,000万円以内

教示再生システム実装対象の油圧ショベルイメージ

PR TIMESで本文を見る