食品製造業・飲食業向けDX推進支援の「ハピクロ」が、FOOD STYLE Kyushu2021に出展

SHARE:

ポストコロナのHACCP衛生管理業務効率化に役立つIT/IoTソリューションサービスで、九州を中心とする食の安全と食品製造業および飲食業のDX推進をサポート

株式会社ハピクロ(福岡県北九州市、代表取締役社長:中田 佳孝、以下 ハピクロ)は、2021年11月10日~11日に開催されるFOOD STYLE Kyushu2021に公益財団法人北九州生活科学センター(福岡県北九州市、理事長:池田 光政、以下 北九州生活科学センター)と「ポストコロナのHACCP衛生管理業務効率化」をテーマに共同出展します。
日本では食品衛生法の改正により、2021年6月に原則すべての食品等事業者に対するHACCP(※1)の考え方を取り入れた食品衛生管理が完全義務化されました。

PR TIMESで本文を見る