クリエイティブAIを提供するRADIUS5、漫画用の背景を生成するAI「Line Drawer」を大幅アップデート

SHARE:

株式会社ラディウス・ファイブ(本社:東京都新宿区、代表取締役:漆原大介、以下 RADIUS5)は、Deep Learningを用いて漫画用の美術背景を生成するサービス「Line Drawer(ライン ドロワー)」を大幅アップデートしました。これまでは線画を6種類アウトプットしていましたが、線画4種類、影付きの線画2種類、カラー付きの線画2種類、スクリーントーンが貼られた線画1種類の合計9種類を一度に出力するアップデートを行いました。

▼「Line Drawer」
URL:https://ja.cre8tiveai.com/lid

PR TIMESで本文を見る