緊急事態宣言が明け、飲食店の人手不足が深刻化 発注業務の“脱FAX”が効率化とコスト削減のカギに! 飲食DXサービス“SMART REQUEST”11月1日より提供開始

SHARE:

POSレジ業界最大手の東芝テック様との資本業務提携も合わせて発表

 飲食DXサービスの開発提供を手掛ける株式会社Bespo(所在地:東京都港区、代表取締役:高岳 史典)は、あらゆる飲食店のオペレーション効率化を実現する飲食DXサービス「SMART REQUEST」(スマートリクエスト)を2021年11月1日(月)より、提供開始します。
 SMART REQUESTは、スマホもしくはPCとインターネットがあればすぐに始められるDXサービスです。直感的に触れるUIを採用しており、各種の初期設定も全て当社が代行するので、デジタルが苦手な方でも簡単に開始できます。これまでFAXによって多くの時間を費やしてきた発注業務や請求管理などを一元管理し、業務生産性を高める他、将来的には、お客様のオーダーから在庫管理、発注までの業務フローを一気通貫で自動化することを目指しています。

PR TIMESで本文を見る