デジタル身分証とeKYCを提供するTRUSTDOCK、グローバルに活躍するスタートアップを創出する経済産業省の支援プログラム「J-Startup」企業に選定

SHARE:

~ シンガポール法人設立も完了し、アジアのデジタルID&eKYCの基盤構築へ ~

株式会社TRUSTDOCK(本社:東京都千代田区、代表取締役:千葉 孝浩、以下 TRUSTDOCK)は、公的個人認証をはじめ、犯罪収益移転防止法のeKYCが可能なデジタル身分証アプリと、あらゆる業法に対応するKYCのAPI基盤サービスを提供する、日本で唯一のKYCの専門業者です。

eKYC/KYC導入数No.1(※1)のリーディングカンパニーとして、日本初の生活者向けの大規模eKYC利用調査(※2)や、外部の有識者による「デジタル社会の本人確認に関するアドバイザリーボード(※3)」の設置など、生活者視点でのデジタルアイデンティティ&eKYCの社会インフラ整備に尽力してきました。

そしてこの度、TRUSTDOCKは経済産業省が推進するスタートアップ企業の育成支援プログラム「J-Startup」企業に選定されました。引き続き国内外を問わず、デジタルアイデンティティ&eKYC基盤の構築に向けて果敢に挑戦を行っていきます。

PR TIMESで本文を見る