社員のキャリア自律には対話が重要! オンライン・パフォーマンス向上支援サービス「hanaseru(ハナセル)」 70%以上の社員が能動的行動のポイントアップ

SHARE:

~半数以上のメンバーがキャリアを考える良いきっかけになったと評価~

総合人材サービス、パーソルグループのパーソルイノベーション株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:長井 利仁、以下当社)が提供するオンライン・パフォーマンス向上支援サービス「hanaseru(ハナセル)」 https://www.hanaseru.jp/ は、同サービス利用における実証結果をご報告いたします。

「hanaseru(ハナセル)」は、デジタルアンケートによる社員コンディションの可視化とプロフェッショナル1on1コーチングで社員のはたらく不安、孤独を払拭し、自律自走する組織づくりを支援する、オンライン・パフォーマンス向上支援サービスです。
この度、社員のキャリア自律に課題を持つ企業に対して、「hanaseru(ハナセル)」を導入し、行動変容のモニタリングを行いました。
■企業の抱える社員の“キャリア自律”課題について
終身雇用、年功序列などが見直され、雇用の流動化、多様化が進む中、個々の“キャリア自律”の重要性が高まっています。企業においては、社員の“キャリア自律”のために、社員一人一人が自身のキャリアについて考える、自分以外の誰かと話す時間を持つ、ことが行動変容を起こすためには重要であると考えられ始めています。
一方で、話を聞くべき立場である管理職の業務は幅広く多岐にわたることが多いため、メンバーとの対話の時間を増やすことは難しく、また、話す時間を持っても目下の業務課題の話が優先されキャリアの話に至らない、直接の上司にキャリアの話は相談しづらいなどの課題が発生していました。

■「hanaseru(ハナセル)」を利用することで、70%以上の社員の能動的行動に変化が
大手人材サービス企業の人事企画部14名に3カ月間「hanaseru(ハナセル)」をご利用いただき、多忙な管理職に代わり、「hanaseru(ハナセル)」の、傾聴・相談経験豊富なプロ人材がメンバーと定期的に1on1を行いました。その結果、サービスを利用した社員のうち71%がサービス利用以前に比べ、キャリア自律への能動的行動のポイントが良化いたしました※1。

PR TIMESで本文を見る