MR企業GATARIが鹿島・羽田みらい開発と協力し開発。国内初、現実空間を仮想上に再現するデジタルツインを商業施設に常設導入し来場者へ展開。空間ビジネスのDXを推進し来場者の利便性と事業者の効率性向上

SHARE:

アプリを提供し、スマホカメラで現在地を認識するナビや建設予定の建造物を現実に映し出すサービスのほか、BIMデータとのさらなる連携強化に取り組む予定

株式会社GATARI(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:竹下俊一、以下「GATARI」)は、この度空間ビジネスのDXを展開するため鹿島建設株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:天野裕正、以下「鹿島」)の協力の下、同社が保有する3次元建物データを用いて、羽田みらい開発株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:山口皓章、以下「羽田みらい」)が開発・運営する大型複合施設「HANEDA INNOVATION CITY」(所在地:東京都大田区、以下「HICity」)にて提供する新たなサービスを開発しました。当社は国内初の取り組みとして鹿島が作成したHICityのBIMデータを基に構築したデジタル空間と、スマホカメラから取得した竣工済みの建物のスキャンデータを合わせた「デジタルツイン」に音声や3Dデータを保存・運用し一般ユーザーが現地体験できる「HICity AR」アプリを提供します。キャンペーンや施設点検用の情報保存、更に法令規制の少ないデジタル空間で利活用可能な空間の拡張と収益の拡大を施設設備に干渉しない形式で実現し、来場者の利便性向上や事業者の業務効率化を推進してまいります。

PR TIMESで本文を見る