取り付けるだけで移動ロボットを作れる!スマート農業等 次世代型産業ロボットの「足」になる電動クローラユニット「CuGo」300台導入突破

SHARE:

自動除草ロボット・収穫サポートロボット等、最新導入事例4 社を公開

株式会社CuboRex(本社:東京都荒川区、代表取締役:寺嶋瑞仁)は、農地や建築現場等の凸凹な「不整地」と呼ばれる場所での作業負担軽減や効率化に取り組むため開発した産業ロボット向け電動クローラユニット「CuGo」が発売開始から21ヶ月で累計販売台数300台を突破したことをお知らせします。また、あわせてCuGoを活用した自動除草機・収穫サポートロボット等、最新導入事例4社を公開しました。
産業ロボット向け電動クローラユニット「CuGo」開発の背景
CuGoは、大学等の研究機関やスタートアップ等で開発された産業ロボットを移動させるための「足」として利用される電動クローラユニットです。組み立てて取り付けることで、なんでもすぐに移動ロボット化させることができ、特にタイヤでは走行できない農地や建築現場等凸凹な「不整地」での走行性に優れています。従来、不整地での移動ロボット開発は受託開発が一般的で、開発にコストも時間もかかることが課題でした。

PR TIMESで本文を見る