【緊急事態宣言明けは雇用の課題が突出】タイミーが飲食店の年末商戦に向けて雇用に関する調査を実施

SHARE:

飲食店のスキマバイト利用は緊急事態宣言解除前後で約7倍に

スキマバイトサービス「タイミー」を提供する株式会社タイミー(所在地:東京都豊島区、代表取締役:小川 嶺)は、緊急事態宣言明けから年末にかけての雇用の意識に関する調査を実施。緊急事態宣言が明け、タイミー上での飲食店の11月の利用は宣言明け前の9月に比べて約7倍になりました。調査からは、ウィズコロナ時代の人材獲得における懸念も浮き彫りになっています。またタイミーを利用する働き手にもコロナ禍前後で働く意識の変化について調査を実施しました。

PR TIMESで本文を見る