首都圏を含む1都12県のまん延防止措置を受け、バーチャルビルを無償提供します

SHARE:

テレワークやイベントの実施方法を模索している全国の企業・団体・個人向け

oVice株式会社(本社:石川県七尾市、代表取締役:ジョン・セーヒョン)は、まん延防止等重点措置が首都圏を含む広範囲に適用されたことを受け、オフィスやイベント会場などとして使えるバーチャル空間「oVice(オヴィス)」を重ねたバーチャルビルを1月20日(木)から2月13日(日)申し込み分まで無償で提供します。テレワークの実施方法やイベントの開催方法などにお悩みの企業・団体・個人の方向けで、用途の制限なくご利用いただくことができます。

PR TIMESで本文を見る