Fastly、技術習得をサポートするオンデマンド型学習コース「Fastly Academy」を公開

SHARE:

セルフサービス型の豊富な学習リソースの提供により、ユーザーの目標達成を支援

グローバルでエッジクラウドネットワークを提供する Fastly, Inc. (NYSE: FSLY、https://www.fastly.com/ ) は本日、Fastly の製品やプラットフォームに関する情報収集、またそのスキル習得を目指す顧客や開発者を支援するオンデマンド型の学習コース「Fastly Academy ( https://academy.fastly.com/ ) 」を発表しました。リソースに制約のある開発者やエンジニアリングチームは、デジタルファーストの世界で革新的な体験を生み出すという課題に日々直面しています。Fastly Academy が提供するセルフサービス型で効率的な学習環境により、チームのオンボーディングを迅速化し、より魅力的な Web やアプリケーションの構築、保護、提供の実現まで時間を短縮することが可能になります。
英紙ガーディアンのシニア エンジニアリング マネージャーである David Furey 氏は次のように述べています。「ガーディアンのエンジニアリングチームは、世界中の読者に重要なニュースを迅速かつ大規模にお届けするため、継続的な技術の最適化を行っております。Fastly は弊社のソリューションの重要な一部であり、この Fastly Academy の公開は、弊社にとっても心待ちにしていた新たな学習リソースです。より大きな需要、高まるエンドユーザーの期待、増大するセキュリティの課題に直面する中、Fastly の製品とサービスに関するトレーニングに個人のペースでアクセスできるようになることで、当社のエンジニアリングチームがより迅速にスキルを習得し、デジタルエクスペリエンスを大規模に構築できるようになると確信しています。」

Fastly Academy は、Web の基礎知識の学習を目指す初心者から、Fastly の各製品ラインアップ(Deliver、Secure、Compute)のプラットフォームや詳細な機能に関する情報を求める上級者まで、あらゆるレベルの学習者に対応したトレーニングコースです。Fastly のテクニカルドキュメント(https://docs.fastly.com/ja/guides/)や Fastly Developer Hub(https://developer.fastly.com/)を含む教育エコシステムに新たに追加された Fastly Academy は、動画、テキスト、画像を組み合わせたセルフサービス型かつインタラクティブな学習体験を提供します。

Fastly の最高顧客責任者 (CCO) である Kim Ogletree は、次のように述べています。「Fastly Academy は、Fastly のプラットフォームでユーザーが目標を達成できるよう支援し、Fastly のユーザーアカウントの有無に関わらず、あらゆるレベルの学習者がデジタルエクスペリエンスのパフォーマンスとセキュリティを向上させる技術に精通できるよう支援するものです。さまざまなレベルのトレーニングへのアクセス、独自のトレーニングスケジュールの設定、個々のアカウントの進捗とコース修了を確認できるようにすることで、企業はトレーニングを標準化し、Fastly のサービスをより有効活用して、迅速、魅力的かつ安全なデジタルエクスペリエンスを構築することが可能となります。」

Fastly Academy の利用には、 Academy アカウントの作成が必要ですが、Fastly のユーザーである必要はありません。Fastly Academy の利用方法やトレーニングの詳細については、ブログ「Introducing Fastly Academy: on-demand learning at your fingertips(https://www.fastly.com/blog/introducing-fastly-academy-on-demand-learning-at-your-fingertips)」をご覧いただくか、 academy@fastly.com までお問い合わせください。

PR TIMESで本文を見る