申請した補助金・助成金を知ったキッカケの50%以上が「外部から」。約半数が「申請手続きや申請書作成の大変さ」を理由に申請を断念!

SHARE:

経営者・役員1,000名に聞いた「補助金・助成金に関する調査」

補助金・助成金の申請書作成プラットフォーム「Scalar(スカラー)」を展開するScalar合同会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:吉田光志)は、2022年2月4日(金)~2022年2月5日(土)の2日間、全国300名未満の会社の会社経営者、会社役員の1,052名を対象に、「補助金・助成金に関する調査」をWEBアンケート方式で実施いたしました。報道の一資料として、ぜひご活用ください。

調査結果トピックス

■申請した補助金・助成金を知ったキッカケの50%以上が「外部から」
 申請を行った補助金・助成金をどのように知ったかをお聞きしたところ、「自社で調べた」が最も多かった一方で、半数以上の方は顧問先の士業の方や商工会・商工会議所、金融機関など外部の方から情報を得ていることがわかりました。

PR TIMESで本文を見る