外貨建て資産運用は3割 「株」「外貨」が拮抗 「物価高と将来不安」感じるほど運用に積極的

SHARE:

20年ぶりの円安水準 資産運用アンケート

◆『年収 300 万円 FIRE』著者の推奨は「円、ドル各50%の米国株投資」◆

約20年ぶりの円安水準の下、人々は外貨建て資産をどのように保有しているのか-。
3カ月で5万部を突破した『年収 300 万円 FIRE 貯金ゼロから 7 年でセミリタイアする「お金の増やし方」』の著者であるライオン兄さん(山口 貴大)が運営する株式会社バイアンドホールドは、円安や外貨建て資産に対する意識調査を行いました。
米ドルなどの外貨建ての資産運用をしている投資家は3割にとどまり、運用方法では「株式投資」と「外貨預金」が拮抗。円安による物価高や将来不安を感じる人ほど外貨建ての資産運用を考えている傾向が見て取れました。
ライオン兄さん(山口 貴大)は、円資産、ドル資産各50%のポートフォリオを推奨。外貨預金よりも税制面で有利な株式投資をオススメしています。

PR TIMESで本文を見る