デジタルツイン上で風力発電設備の情報を一元化、ダウンタイム削減に寄与する統合分析ダッシュボードの提供開始

SHARE:

~サスティナブルな事業運営・予兆保全にむけたデータ分析を実現~

NEWS RELEASE
2022年5月19日
エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社
Cognite株式会社

 エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:黒岩 真人、以下 NTTコムウェア)とCognite株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 江川 亮一、以下 Cognite)は、風力発電事業者に向け、複数拠点の異なるメーカーの発電設備の発電量や収益状況、メンテナンス情報などを一元的に可視化する「統合分析ダッシュボード」を開発し、5月19日から提供開始します。
 本サービスは、デジタルツイン空間上でAIモデル等によりデータ分析・活用を行うNTTコムウェアのインフラ設備DX基盤「Smart Data Fusion」の新メニューとして提供します。ノルウェーにグローバル本社を置き、欧米における生産設備のデジタルツイン構築や多数の風力発電設備管理ダッシュボード作成支援の実績があるCogniteの知見を活かし開発したサービスです。

PR TIMESで本文を見る