“出社したくなるオフィス”を提案するOfficefactionが野村不動産のサテライト型シェアオフィス「H1T」でのトライアルリラクゼーションを実施

SHARE:

オフィスのデッドスペースとそこでサービスを提供したい事業者をつなぐマッチングプラットフォームを開発する株式会社Officefactionが、野村不動産のサテライト型シェアオフィス「H1T」にてリラクゼーションのトライアルを実施しました。働き方の多様化に伴いシェアオフィスやコワーキングスペースも増えていく中で、Officefactionはシェアオフィスのユーザーの利用促進、利用者満足度の向上にも寄与していきます。

PR TIMESで本文を見る