Nintによる、中国ECビッグデータを活用した緊急レポート

SHARE:

速報:中国都市部ロックダウンがEC市場に与えた影響

ECモールの市場動向データを提供する株式会社Nint(本社:東京都新宿区、代表取締役:吉野順子、以下「Nint」)は、中国ECビッグデータサービス「任拓情報通」を利用し、上海ロックダウンがEC市場においてどのような影響を及ぼしたか分析し、レポートを発表しました。
新型コロナウイルス感染拡大の影響で、中国・上海市では3月末から始まったロックダウン(都市封鎖)が5月25日現在、今なお続いています。上海に所在する日系企業などで構成される上海日本商工クラブが5月5日に発表した「上海市封鎖管理による事業への影響等に関する実態把握(第2回)」(https://jpcic-sh.org/uploads/mail_attachment/1651802901.pdf)によると、上海市を中心に生産拠点を持つ日系企業の約6割が工場を全く稼働できておらず、操業回復にあたっては約9割の企業が物流網の回復を課題として挙げています。また4月22日以降、日本郵政はEMSを含む国際郵便の引受けを停止するなど、ロックダウンは生産、物流面を中心に実体経済に様々な影響を及ぼしています。

当レポートのデータ範囲、抽出期間、内容、元データは以下のとおりです。
【データ範囲】中国主要ECプラットフォーム(JD、天猫(中国国内及び国際)、淘宝網(中国国内及び国際))
【データ期間】2022年4月1日~4月末日(速報値)及びその前月比、前年比
【データ内容】当該期間における主要カテゴリの流通金額及び流通量
【データ元】Nintグループが運営する任拓情報通サービス

第一部:主要ECプラットフォーム全体の比較
・モール全体で2022年は4月の流通金額は、例年よりも減少。特にAlibabaの減少が顕著。物流の一部停止が影響か 1.モール全体における4月の流通金額の前月比

まず、主要モール全体(JD、天猫(中国国内及び国際)、淘宝網(中国国内及び国際)の4月の流通金額は3,426億元(日本円:約6.8兆円)で、3月と比べ16.0%の減少でした。3月には「女神節」(3月8日国際婦人の日)という大型のECキャンペーンがあり、例年4月は3月に比べて減少する傾向があり、2021年も12.9%減少していましたが、今年はより顕著な減少となっています。
(*天猫および淘宝網をまとめて以下、Alibabaと表記)

表1.

PR TIMESで本文を見る