在宅医療専用スケジュール管理ソフト「CrossLog」とクラウド型電子カルテ「セコム・ユビキタス電子カルテ」がシステム連携

SHARE:

在宅医療専用スケジュール管理ソフト「CrossLog」を運営するクロスログ株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役:宮原智新)は、セコム医療システム株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:小松 淳)が提供するクラウド型電子カルテ「セコム・ユビキタス電子カルテ」とシステム連携を実現いたしました。

連携の概要

訪問診療を行っている医療機関では、診療スケジュールの作成や診療の合間の移動時間が課題になっています。クラウド型電子カルテ「セコム・ユビキタス電子カルテ」と在宅医療専用スケジュール管理ソフト「CrossLog」とのシステム連携により、診療スケジュール管理の簡素化や診療スケジュール作成の効率化が実現できます。

セコム・ユビキタス電子カルテとCrossLogでは下記2つの連携を実現しております。
(1) 患者連携
 セコム・ユビキタス電子カルテに登録された患者情報がCrossLogに連携
(2) 予定連携
 CrossLogで作成したスケジュールをセコム・ユビキタス電子カルテに連携

PR TIMESで本文を見る