quintet株式会社が新たに約4千万円の第三者割当増資を実施。累計資金調達額1億円突破

SHARE:

~議事録DXツール『One Minutes』の多言語対応を加速~

quintet株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:小守谷 直毅、以下quintet)は、小僧com株式会社、株式会社スライストーン、個人投資家複数名から2022年6月30日に約4千万円の第三者割当増資を実施し、増資・融資を合わせた累計資金調達額が1億円超になったことをお知らせします。
■資金調達の背景・目的
2021年9月の「One Minutes」リリース以来、クライアントワークを中心とする企業への導入とプロダクト改善を進めており、議事録の発行と同時に共有も完結している直感的なUIUXに高評価を頂いてきました。

そのような中、多くの企業から日本語・英語など異なる母国語同士の打ち合わせにまつわるご相談を頂戴し、多言語翻訳機能の開発を進めてまいりました。
テスト期間を経て多言語翻訳機能付きの議事録サービスが実際に生産性向上に寄与することを実証出来たため、多言語翻訳機能の拡充をするべく新たに資金調達することとしました。
今回の資金調達では「One Minutes」の多言語対応機能の拡充に加えて、蓄積されたデータを活用した自動要約機能の開発、及びマーケティングへの投資を行ってまいります。

PR TIMESで本文を見る