スーパーシティ型国家戦略特区への社会実装を目的とした先端的サービスの開発・構築等に関する調査事業に採択

SHARE:

国立大学法人筑波大学(学長:永田恭介、以下「筑波大学」)、国立研究開発法人産業技術総合研究所(理事長:石村和彦、以下「産業技術総合研究所」)、鹿島建設株式会社(代表取締役社長:天野裕正)、CYBERDYNE株式会社(代表取締役社長:山海嘉之)、株式会社リーバー(代表取締役:伊藤俊一郎)、株式会社シグマクシス(代表取締役共同代表:太田 寛・早坂 保彦)は、この度、内閣府の公募事業「先端的サービスの開発・構築等に関する調査事業」に対し筑波大学を代表機関とした共同提案の申請を行い、採択されました。
 なお、本事業の詳細について、内閣府主催のスーパーシティ・スマートシティフォーラム2022(開催日程:2022年8月26日)にてポスター発表を予定しております。
【採択事業名】
「ロボットやIoTセンサ等を活用したインクルーシブシティの実現」

【事業実施体制】
[代表機関]  筑波大学
[参画機関] 
大学等研究機関:産業技術総合研究所

企業等    :鹿島建設株式会社
        CYBERDYNE株式会社
        株式会社リーバー
        株式会社シグマクシス

PR TIMESで本文を見る