Druva、業界初のサイバー攻撃対策向けデータポスチャーとオブザーバビリティの革新的機能を発表

SHARE:

新機能により、企業はセキュリティ体制の強化とインシデント対応の迅速化が可能に

Druva Inc. は、データポスチャー※1評価とオブザーバビリティ (可観測性) のための新機能を含むサイバー攻撃への対応機能追加により、サイバーレジリエンシー向けポートフォリオを拡大したことを発表しました。これらの高度なツールは、データセキュリティ体制の一元的な表示、データエントロピーの変化に対する深い可視性、データリスクを評価する能力を顧客に提供します。これらの技術革新により、企業はデータの復旧にとどまらず、業界で最も包括的なデータセキュリティの知見をもって、脅威に対する積極的な備えを行うことができるようになります。
セキュリティチームは、セキュリティインシデントを防ぐためにインフラストラクチャとアプリケーションのセキュリティに大きな投資を行ってきましたが、昨年はランサムウェア攻撃の66%が成功しました※2。FBIによると、米国におけるランサムウェアの被害総額は2021年に4900万ドル※3を超えるため、組織はこの拡大し続ける脅威に対抗するために本番環境とバックアップ環境の両方で実用的な洞察 (Actionable Insights) を必要としています。セキュリティチームは現在、セキュリティに対してインサイドアウトのデータ中心アプローチを取り、対応と復旧に重点を置くようになっています。

業界唯一のSaaSデータレジリエンシープラットフォームであるDruvaは、これまでにない底深さと幅広さのあるデータインテリジェンスを提供します。Druvaデータレジリエンシークラウドは毎日、あらゆる業種や企業規模の何千もの企業から得たテレメトリを分析し、ローカルとグローバルに関する傾向を識別します。このデータインテリジェンスが、現在お客様が利用できるセキュリティ状況とデータリスクに関する洞察を後押ししています。Druvaの包括的な機能を使用することで、お客様は今日のデータリスクをよりよく理解し、攻撃への備えを怠らないようにすることができます。

PR TIMESで本文を見る