日本の人文学を世界にひらき、未来につなげる『人文学のためのテキストデータ構築入門』刊行!

SHARE:

テキストデータ構築のデファクト標準として、国際的に普及しているTEIガイドライン。その初めての入門書です。

夏目漱石の書簡から、日本の古辞書や財務資料、近代の資料や、Transkribus と TEI を組み合わせた自動人名抽出の手法、漢文仏典である大正新脩大藏経まで。さまざまな取り組みから、テキストデータの構造化を学べます。
初めての日本語によるTEIガイドラインの入門書を刊行しました。『人文学のためのテキストデータ構築入門』というタイトルで、株式会社文学通信によるものです。

『人文学のためのテキストデータ構築入門 TEIガイドラインに準拠した取り組みにむけて』(文学通信)

PR TIMESで本文を見る