SPACER、JR西日本に設置のスマートロッカーで「ダスキンウォッシュ」の洗濯代行サービスの提供を開始します

SHARE:

株式会社SPACER(本社:東京都中央区、代表取締役社長:田中章仁)は西日本旅客鉄道株式会社(本社:大阪市北区、社長:長谷川一明)及び、株式会社ダスキン(本社:大阪府吹田市、社長:大久保裕行)と共同で、スマートロッカーSPACERを活用した商品受け取りサービス(BOPIS事業)の実証実験の一環として、「ダスキンウォッシュ」の洗濯代行サービスの洗濯物のお預けおよび洗濯完了品の受け取りサービスを実施致します。
コロナ禍において、生活様式が一変し、非対面での商品の受け渡しや外出も最低限にとどめるなど、効率的に行動することがより多くなりました。
そのため、配達の方法も、自宅ロッカーや置き配など多様化してきました。
今回の実証実験では、株式会社ダスキンの提供する洗濯代行サービスである「ダスキンウォッシュ」において、店舗でのお預け/受け取り、自宅へ配送員が伺いお預け/受け取りをするデリバリーサービスに加え、JR西日本の大阪駅・北新地駅・大阪天満宮駅に設置している、SPACERスマートロッカーでのお預け/受け取りが可能になります。
生活導線の拠点である駅のロッカーで洗濯物のお預け/受け取りを行うことで、「洗濯物待ちの時間に拘束されたくない」「店舗まで取りに行く時間が捻出できない」という問題を解決できるサービスになっています。
今回の実証実験でのお客様のご利用状況等を鑑みながら、設置場所の拡大及び、その他の新サービスについても引き続き検討してまいります。

1.「ダスキンウォッシュ」とは

PR TIMESで本文を見る